妊娠と運動の関係とは

妊娠中は普段の時とは体の状態が全く違っています。立ちくらみをしやすくなったり、お腹が張ってしまったりする場合がありますので、気を配って行動することが大切です。気にし過ぎて動かなさすぎるのもあまりよくはありません。妊娠中に運動をする場合には、体調が良いときに無理をしないことを守りましょう。運動をするメリットとは、やはり体の状態がよくなることです。ウォーキングやマタニティーヨガ、エアロビクスなど、医師の指示に従ってするようにしましょう。体重の増加を防ぎますし、血行もよくなりますのでいいことがたくさんあります。

母体の健康と運動について

例え妊娠中であったとしても、軽い運動であれば母体の健康に良い影響をもたらしてくれます。その方法にはいくつかの種類が存在しますが、なかでも簡単にできるのが、軽いウォーキングです。家の近所を10分から30分ほど散歩するだけでも、母体の心身に良い効果が期待できます。これによって妊娠によるむくみやつわり、腰痛などといった諸症状を緩和することができるのです。また消費カロリーも増えるため、肥満の予防にもなります。注意することとしては、熱中症の恐れがある真夏日や、地面が滑りやすくなる雨や雪の日には無理して出掛けないことです。

↑PAGE TOP