妊娠安定期に入ったら適度な運動

妊娠中は血流が悪くなったり、便秘になったりと体の不調を起こしやすくなります。初期のまだ胎児が安定していない時には大人しくするのが適していますが、安定期に入ったら無理ない程度に運動を取り入れて体内循環を良くすることが大切です。体にあまり負担をかけずに行える方法としては、ウォーキング、ストレッチなどです。血流を良くすることで体の隅々まで栄養分が行きわたり、不要物を排出するサイクルが安定します。お腹の赤ちゃんにとってもとても良いことです。妊娠中の心と体の安定、そして気分転換をする意味でも適度な運動をして出産に挑むことが良いです。

出産前の運動について

妊娠時は基本的に安静にしておく必要があるので、慢性的な運動不足に陥りやすくなります。体をこまめに動かさないと、胎児を支える骨盤や腰の周りの筋肉が衰え、様々な障害やトラブルを引き起こす原因になり得ます。あまり激しく体を動かすことはできないので、たとえば近くを軽く歩いてみたり、卓球やバドミントンなど、比較的走ることが少ないスポーツなどを、エクササイズ感覚で楽しむと良いでしょう。こまめに体を動かすことは、妊娠中のストレスを解消することにも繋がるので、母体の健康維持にも繋がります。もちろん、胎児が成長していくにつれて、強度は少なくするようにしましょう。

↑PAGE TOP